塗装工事

塗料の種類

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青。

夏でもそこに冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。

遮熱塗料

真夏の強い日差しや紫外線、赤外線は屋根や外壁に様々な影響をもたらします。その熱エネルギーにより劣化が早まったり、室内や屋上の温度上昇に繋がります。遮熱塗料はその太陽光線・赤外線を反射し、屋根やベランダ、外壁の表面温度上昇を抑えます。機能的な塗料ですので、その効果を活かせる塗装技術が必要です。

ウレタン

塗料の主成分である樹脂がウレタン系の塗料のことです。油性ウレタンと水性ウレタン塗料がありますが、環境保全のために水性の塗料が一般的になってきました。少し前まで主流塗料でしたが、シリコン製の塗料が増えてきています。しかし、その性質上、現在も多く使われています。柔らかな性質を持っており、万能な塗料です。密着性が高いので下地によっては細部の塗装に適しているメリットがあります。

シリコン

現在最もコストパフォーマンスの良い塗料です。シリコン系の樹脂を使用しているため、10~15年程の耐久年数です。各メーカーも改良を加えており、更に耐久性をアップさせたセラミック配合のものや、防汚効果が高いものなどがあります。耐久性が高いため、費用の面と合わせてもバランス良く、とても優れた塗料です。
項目を追加

03.組織
__

プロッフェショナル集団による施工
湾岸を埋め立て土地を広げるあのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

外壁塗装

外壁に触れた際にうっすらと白い粉が付着したり(チョーキング現象)、壁にヒビが入っていたり、カビやコケが発生していませんか?表面の塗料が太陽熱や雨により劣化している状態です。放置すると外壁内部への劣化に繋がり、見た目にも良くありません。現在は防水や防汚の効果がある塗料もございますので、塗替えをオススメいたします。もちろん色や塗料の種類に関しても的確にアドバイスをいたしますので、外観のイメージ向上に繋がります。お気軽にご相談ください。

屋根塗装

屋根は普段見えづらく、劣化に気づきにくい箇所ですが、家屋の塗装部位の中で最も過酷な場所で、風雨や紫外線に晒される場所です。一定期間ごとの塗り替え塗装が必要で、 できれば10年毎の塗り替えをオススメしております。藻やコケ、塗装のヒビ割れ、塗膜のはがれが発生している場合は早めの対処が必要です。放っておくと、雨漏りが発生する可能性が高くなり、家屋の内部腐食や劣化へと繋がります。お住まいの寿命を延ばす、適切な塗装を行ないますので、上記のような現象が起きている方はお早めにご相談ください。ご要望や予算に合わせたプランをご用意いたします。
項目を追加

お問い合わせいただいてから、一度現状を確認のためにご自宅へ伺います。どういった施工をお求めか、しっかりお聞きし、要望に合わせた施工プランをご提案いたします。ライフテックでは、執拗な営業は行わず、予算に合わせて無理や無駄のない施工を行ないます。ですので、お困りのことや不安な点は何でもお聞きください。お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談いただけます。見積にご了承いただいたあと、施工に移ります。お住まいに大きく関わるリフォームや工事ですので、双方に勘違いやすれ違いが発生しないよう、何度か確認を行ない、施工方法をご説明いたしますが、ご了承いただけますと幸いです。最初から最後までしっかりと丁寧な施工を行ないます。